AGA治療の選択肢:ニードル植毛のメリット・デメリットとは

AGA治療の選択肢として有力なもののひとつが自毛植毛ですが、一口に自毛植毛と言っても手術の方法によって非常に多くの種類に分けられ、たとえばドナーを採取する方法としてはパンチグラフト法・ミニグラフト法・マイクログラフト法などがありますし、移植株を植え付ける方法としてはFUT法・FUE法・スリット式などがあります。そのうちの一種でChoi式と呼ばれることもあるニードル植毛は、1992年に韓国国立慶北大学のキム教授が発表した移植法であり、植毛針という特殊な針を使用するのが特徴で、もともとは眉毛や睫毛やヒゲなどの移植のために開発された方法ですが、その後頭髪にも応用されるようになったという経緯があります。通常の毛包はひとつにつき3個ほどの毛根を含んでおり、毛包ごとあるいは複数の毛包をまとめて皮膚ごと移植する手術も多いのですが、ニードル植毛では毛根をひとつずつ分けて植毛していくのが最大の特徴で、株分けの単位としては自毛植毛のうちでも最も小さくなり、ひとつの毛包から生えている毛の本数が少ない東洋人には向いているとされています。

 

 

この方法のメリット・デメリットを挙げていくと、まず第一のメリットとして考えられるのは、手術の肉体への負担が小さいことで、これは一般的な手術がメスで植毛部分を切開し、そこへ移植株を植え付けていくのに対し、ニードル植毛は植毛針を使って、穴を開けると同時に植え付けができるため、出血や痛みが少なく縫い合わせた跡も残らないという特徴があります。第二のメリットとしては仕上がりが自然で美しいことですが、これは一本一本を手で植えていくため、毛の角度や高さや方向を自由に微調整できることが理由で、複数の毛根をまとめて移植する他の移植法では、ありえない方向に毛が生えていても調節できないため、このような美しい仕上がりは望めません。さらにショックロスと言って、移植した部分にまだ自毛が残っている場合、植毛手術のショックから抜けてしまうことがあるのですが、植毛針のサイズが小さく手術の負担も少ないニードル植毛なら、頭皮に与えるショックも小さいため、生きている毛が抜けにくいという特徴があり、これが第三のメリットと言えます。

 

 

逆にデメリットとしては、まず時間がかかり費用が高いことを挙げなければなりませんが、これは一本一本を株分けして植毛針にセットし、方向を考えながら手で植えていくわけですから、やむを得ないことと考えざるを得ず、あまり広い範囲に植毛すると予想より遥かに高額になってしまう可能性があります。第二のデメリットとしては、技術力にもよりますが定着率が若干低いことと、まとめて移植する場合に比べれば密度も低くなってしまうことで、これも小さな単位で移植する以上は仕方のないことですが、特に本来の髪の毛が細かったりすると、場合によってはまばらな感じになることがあり、ボリュームが欲しい人は不満を持つことがあります。

 

 

多くの口コミなども参照すると、やはりニードル植毛は傷跡が残りにくく気にならないという意見が多く、また生え際を見せるような髪型をする場合には自然で美しいという意見がある一方で、費用の高さを指摘する声もあり、またボリュームの無さや定着率の低さを問題にしている場合も多いようです。これらのメリット・デメリットを総合すると、ニードル植毛は広い範囲にたっぷりと植毛するには欠点が多く、もともと髪が細い人には向いていませんし、費用の点でもあまり勧められませんが、逆に生え際などの狭い範囲に限って、自然で美しい仕上がりを求めるならば好適な植毛法と言えるので、部分に応じて使い分けるのが正解といえるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です