AGA治療の選択肢としての人工毛植毛のメリット・デメリットを確認しよう

ボリュームがなくなってしまった毛髪を、手早く豊かに見せられる方法があれば、とても便利ですが、実際にそのように見せる方法は用意されており、代表的なものがかつらになりますが、かつらは安いものだと頭部へのフィット感がありませんので、自然に近い状態へと仕上げるには、オーダーメイドのかつらが適しているものの、かつらの違和感を完全に取り除くことは難しく、周囲にかつらであることを見ぬかれてしまう不安感を抱きながら生活を続けなければなりません。

 

 

そこで、まるで地毛が生えているかのようなかつらとして、人工毛植毛という方法が用意されており、頭皮にポリエステルやナイロンといった合成繊維を埋め込むことによって、毛髪のボリュームを蘇らせることができ、毛髪が生えてこない人にとっては、従来のかつらに変わる画期的な手段として、注目を集めています。人工毛植毛のメリット・デメリットに関して、まずメリットについてですが、かつらのように被せただけではないため、プールや海水浴、風呂などの水に濡れる場面であっても、外れることがなく、人工毛がしっかりと頭部に固定されているため、素人が見ただけでは普通の毛髪と見分けがつきにくく、また、普通にシャンプーもできるという性質を持っています。たくさんの長い毛髪を埋め込んでいく手法ですので、すぐに長くて豊かな毛髪を頭部につけることができ、素早く薄毛を解消できるとして、AGA治療の選択肢として、考えられる方法ともいえます。

 
デメリットについては、人工的に無理やり異物を埋め込む方法ですので、必ず抜けてしまうことになり、その量は1年で半分ほどだとされていますが、なぜ抜けるのかについては、身体の免疫システムが関係しており、免疫システムを司るリンパ球などの細胞の働きによって、人工毛を異物と判断して、体外へ排出しようとするからです。

 
人工毛が抜けた部分に、再び人工毛が生えてくることなど当然ありませんので、豊かな毛髪の状態をキープしたいのであれば、年に1回から2回程度は、メンテナンスとして再び人工毛植毛の施術を受けなければならず、とても費用が高くなる傾向があるばかりか、人工毛植毛のデメリットとして、埋め込んだ部分に隙間ができることで、細菌の感染の原因になってしまうのが怖い部分です。感染した細菌によっては、頭皮に炎症を起こしたり、化膿するなどのトラブルを引き起こし、他の健康な毛を傷める結果に陥る恐れがあるため、余計に薄毛の症状が進行してしまう可能性が捨てきれず、アメリカでは人工毛植毛が法律で禁止されている他、国内でもAGA治療の選択肢に関するガイドラインで、最低の評価がつくほど、すすめられていない方法として指定されています。

 

 

人工毛植毛を行えば、手っ取り早く豊かな毛髪を再現できるため、おしゃれを気にする人には魅力的な方法であるものの、デメリットの内容があまりにも深刻であることから、安易にこの方法を利用するのは避けるべきといえます。似たような方法として、自毛植毛というものがありますが、自分自身の後頭部や側頭部の毛から採取したドナーを、薄毛が気になる部分に移植し、毛髪を生やして髪を豊かにするというものです。自分自身の毛髪を使うため、身体が異物だと判断せず、そのまま定着するのがメリットで、また、後頭部や側頭部の毛は薄くなりにくいという特徴を持っていることから、移植した部分が再び薄毛になるリスクが少なくなります。

 
この方法はAGA治療の選択肢として医療の現場でも行われていますが、メスや特殊な器具を使いますので、大掛かりな手術になることが珍しくなく、たいへん高額な費用がかかりますが、人工毛を埋め込むより、遥かに安全かつ確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です