AGA治療の選択肢、ニードル植毛のメリットとデメリット

投薬治療や育毛メソセラピーなど、AGA治療には様々な選択肢があるとされていますが、その中でもニードル植毛はどんな方法なのかご存知の人はどれくらいいるでしょうか。この手術法は、韓国で開発された治療法の一つで、ニードルは針を意味する言葉であり専用の針で一つ一つグラフト(移植株)を薄毛が進行している部位に移植していく方法であり韓国では非常に人気のある移植方法で、日本でもこの治療法を採用しているクリニックは存在するとされています。逆に、針を使用しないで行う方法であるノーニードル植毛としては、日本でも広く行われている皮膚片ごとドナー採取を切り取って株分けしそれを移植していくFUT法や、専用のパンチグラフトでドナー採取を行い。小さな穴をあけて移植をしていくFUE法がありますが、韓国で人気のニードル植毛にはどんなメリットやデメリットがあるのか、それについて考えてみましょう。

まず、メリットについて考えると移植するドナーを一本一本専用の針にセットして手作業で行っていくために仕上がりが非常に綺麗なことが最大の特徴と言えるでしょう。毛の生え揃う方向に沿って移植ができるため、精密さ、自然さという点においては非常に優れており、治療において重要である密度の調整などもしっかりと行うことができるために、髪が生えてきた後も自然な生え際にすることが可能と言えるとされており、あまり上手でない医師が行うと生え際が不自然になったりいかにも手術を受けたことがまるわかりない仕上がりになってしまうことも十分に考えられますのが、とにかく自然な生え方に移植することが可能だとされています。また、メスで頭皮に小さな切込みを入れて移植するFUT法などの場合、どんなに小さく切り込みを入れても傷跡が残ってしまうことが多いとされていますが、その方法と比べるとニードル植毛の場合には直接頭皮に針を注入して移植を行っていくので、傷跡ができたとしても針穴程度の小さな傷跡で済むために、術後の傷跡も比較的目立たなくて済むとされています。

では、逆にデメリットとしてどんなことが考えられるのかというと、この治療法を行うにあたって一つ一つ専用の針にグラフト(移植株)をセットして移植を行うために、ドナー採取の鮮度を保つことが重要である植毛においては鮮度が悪くなってしまう可能性があるため生着率が低くなってしまうのがデメリットとされています。加えて、針にセットされたグラフト(移植株)を医師が一本一本ずつ手作業で注入していくために非常に時間がかかり、治療を受けている患者の体の負担が大きいこともデメリットと言えることと、採取したグラフト(移植株)を針に合わせてカットする必要があるので場合によってはせっかく採取したものを傷つけてしまう恐れもあるとされています。そして、移植する髪の毛の本数が多ければ多いほどその分費用も掛かるのが大きなデメリットとされており、この治療法を行うにあたっては熟練の技術が必要であるため、手術を行う医師の技術力が未熟である場合には成功率も低くなる恐れがあり、費用もかかる点から日本においてこの治療法を採用しているクリニックは非常に少ないとされているのです。このように、メリットが存在すれば当然デメリットも存在しますので手術を受ける際には十分に検討してから受けるようにするのが望ましいと言えます。特に手術を行う医師の技術力によって仕上がりが大きく左右される手術でもありますので、自分にとってこの手術法が適しているのか、あるいは他の手術法で行う方が良いのかもしっかりと検討するほかに、どの医療機関で手術を行っていくかなどのクリニック選びについても慎重に考えた方が良いと言えるでしょう。