AGA治療の選択肢、ニードル植毛のメリットとデメリット

投薬治療や育毛メソセラピーなど、AGA治療には様々な選択肢があるとされていますが、その中でもニードル植毛はどんな方法なのかご存知の人はどれくらいいるでしょうか。この手術法は、韓国で開発された治療法の一つで、ニードルは針を意味する言葉であり専用の針で一つ一つグラフト(移植株)を薄毛が進行している部位に移植していく方法であり韓国では非常に人気のある移植方法で、日本でもこの治療法を採用しているクリニックは存在するとされています。逆に、針を使用しないで行う方法であるノーニードル植毛としては、日本でも広く行われている皮膚片ごとドナー採取を切り取って株分けしそれを移植していくFUT法や、専用のパンチグラフトでドナー採取を行い。小さな穴をあけて移植をしていくFUE法がありますが、韓国で人気のニードル植毛にはどんなメリットやデメリットがあるのか、それについて考えてみましょう。

まず、メリットについて考えると移植するドナーを一本一本専用の針にセットして手作業で行っていくために仕上がりが非常に綺麗なことが最大の特徴と言えるでしょう。毛の生え揃う方向に沿って移植ができるため、精密さ、自然さという点においては非常に優れており、治療において重要である密度の調整などもしっかりと行うことができるために、髪が生えてきた後も自然な生え際にすることが可能と言えるとされており、あまり上手でない医師が行うと生え際が不自然になったりいかにも手術を受けたことがまるわかりない仕上がりになってしまうことも十分に考えられますのが、とにかく自然な生え方に移植することが可能だとされています。また、メスで頭皮に小さな切込みを入れて移植するFUT法などの場合、どんなに小さく切り込みを入れても傷跡が残ってしまうことが多いとされていますが、その方法と比べるとニードル植毛の場合には直接頭皮に針を注入して移植を行っていくので、傷跡ができたとしても針穴程度の小さな傷跡で済むために、術後の傷跡も比較的目立たなくて済むとされています。

では、逆にデメリットとしてどんなことが考えられるのかというと、この治療法を行うにあたって一つ一つ専用の針にグラフト(移植株)をセットして移植を行うために、ドナー採取の鮮度を保つことが重要である植毛においては鮮度が悪くなってしまう可能性があるため生着率が低くなってしまうのがデメリットとされています。加えて、針にセットされたグラフト(移植株)を医師が一本一本ずつ手作業で注入していくために非常に時間がかかり、治療を受けている患者の体の負担が大きいこともデメリットと言えることと、採取したグラフト(移植株)を針に合わせてカットする必要があるので場合によってはせっかく採取したものを傷つけてしまう恐れもあるとされています。そして、移植する髪の毛の本数が多ければ多いほどその分費用も掛かるのが大きなデメリットとされており、この治療法を行うにあたっては熟練の技術が必要であるため、手術を行う医師の技術力が未熟である場合には成功率も低くなる恐れがあり、費用もかかる点から日本においてこの治療法を採用しているクリニックは非常に少ないとされているのです。このように、メリットが存在すれば当然デメリットも存在しますので手術を受ける際には十分に検討してから受けるようにするのが望ましいと言えます。特に手術を行う医師の技術力によって仕上がりが大きく左右される手術でもありますので、自分にとってこの手術法が適しているのか、あるいは他の手術法で行う方が良いのかもしっかりと検討するほかに、どの医療機関で手術を行っていくかなどのクリニック選びについても慎重に考えた方が良いと言えるでしょう。

親和クリニックオリジナルの自毛植毛技術とは

「親和クリニック」とは、新宿、名古屋、大阪と全国で3院を展開している薄毛治療専門のクリニックで、治療のなかでも薄毛や脱毛で悩んでいる部分に、ご自身の後頭部の健康な髪の毛を移植する治療法である「自毛植毛」で、一度移植を行えば、かつらや増毛のように、その後のメンテナンス費用が一切必要ないということもあり、多くの薄毛に悩む方から評判となっている治療法です。「自毛植毛」は、男性だけでなく女性でも手術を受けることができますし、外用薬のように体質などによって効果に違いが出てしまうような心配がないため、確実に髪の毛を増やすことができるというメリットがあります。

 

「親和クリニック」で行っているオリジナルの自毛植毛技術は全部で3種類あり、メスを使わない、腫れない、切らない高密度自毛植毛「MIRAI法(FUE法)」では、後頭部を切らないので縫合する必要がないため、術後の痛みや腫れ、ダウンタイムを最小限に抑えることが可能となっているうえに、ご自身の後頭部の毛髪を移植する自毛植毛技術ですので、拒絶反応も起こりにくく、身体への負担や副作用などのリスクを最小限に抑えることが可能となっています。基本料金は200,000円で、植毛費用は、1,000株以内の場合は1株1,200円 × 株数 、1,001株~2,000株までの場合は1株1,000円 × 株数、2,001株以上の場合は、1株800円 × 株数となっており、例えば、1,000株(約2500本相当)を移植した際の料金は、1,400,000円となります。また、髪の毛を刈り上げずにドナーを採取するため、術後に誰にも気付かれる心配がない「NC-MIRAI法(FUSS法)」は、ご自身の後頭部に生えた元気な髪を、医師が1本1ずつ目視で丁寧に確認を行いながら採取していく、非常に手間のかかる手法となっています。後頭部の刈り上げをする必要がありませんので、誰にも知られずに1日で髪の毛を増やすことができます。基本料金は300,000円で、植毛費用は1株2,000円となっており、1,000株(約2500本相当)を移植した際の料金は、およそ2,300,000円前後となります。

 

さらに、「親和クリニック」には、メスを用いない手術法で痛みを最小限に抑えることができるうえに、比較的リーズナブルに植毛の治療を行うことができる「MIRAI法」と、後頭部の髪の毛を一切刈り上げないので、手術後の傷跡が目立たない「NC-MIRAI法」をMIXさせた新しい自毛植毛技術である「United MIRAI法」もあり、それぞれの患者さんの頭髪の状態や、髪の長さに合わせて「MIRAI法」と「NC-MIRAI法」を、医師が絶妙なバランスでオーダーメイド調整して施術を行いますので、術後の傷跡については「NC-MIRAI法」の特性を生かして目立たないようにして、さらにコストをぐっと抑えて手術をすることが可能です。「United MIRAI法」の基本料金は250,000円で、植毛費用は1株あたり1,200円〜2,000円となっていますので、例えば、United-MIRAI法で800株を5:5で移植した際の料金は、およそ1,530,000円となりますが、いずれの手術法も、予算や要望に応じてカウンセリングの際に、明瞭な金額を提示してもらえるうえに、支払い方法は、各種クレジットカードでの支払いのほかにも、メディカルローンの利用も可能となっています。さらに「親和クリニック」では、モニターを随時募集していますし、遠方にお住まいの方で、自毛植毛を希望される場合には、施術を受ける方と同伴のご家族1名まで、交通費や宿泊費サポート制度を利用することが可能です。

AGA治療に使われる自毛植毛手術の種類とメリット・デメリット

日本皮膚科学会のガイドラインによれば、AGA治療として「強く勧められる」Aランクの方法はミノキシジルやフィナステリドのような薄毛治療薬で、次に「勧められる」Bランクが自毛植毛手術となっており、人工植毛は「勧められない」のDランクに分類されていますが、これは人工植毛は毛根がないため、いずれ必ず抜けてしまうだけでなく、拒絶反応により炎症を起こしやすいことなどが原因です。自毛植毛なら毛根ごと移植するので、植毛後に一度は抜けるのが普通ですが、定着すれば再び生えてきますし、ドナーとなる後頭部や側頭部の頭髪はAGAの原因となる脱毛物質の影響を受けにくく、再び薄毛になる可能性が低いという特徴があります。

 

 

しかし同じ自毛植毛でも、手術の方法によって定着率に差があったり、向いている人と向いていない人がいたりしますし、費用の相場も異なっているので、どの方法で手術を受けるのが良いか、事前に各々のメリット・デメリットを検討しておくことは大切です。なお、植毛の後も頭皮環境を一番良い状態にしておかなければならないので、スカルプシャンプーなどで、継続的なケアが必要です。

 

 

自毛植毛手術の種類にはいろいろな分類法があり、クリニックによってはオリジナルの技術名を標榜しているところもあるため、かなり混乱しがちですが、ドナーとなる毛髪を採取する方法と、それを植え付ける方法に分けて見ていくのがわかりやすいでしょう。ドナーとなる毛髪を採取する方法には、後頭部の皮膚を細い帯状に切り取り、この帯を毛包ごとに細かく切り分けて移植株を作る方法(ストリップ法)と、メスを使わずに後頭部の毛根を丸くくり抜いて、そのまま移植株にする方法があり、前者は多数の株を一度に採取できるので広い範囲の移植に向いている一方、後者は頭皮に余裕がない人でも施術を受けられるメリットがあります。

 

 

ストリップ法で症例数の多い方法にFUT法がありますが、顕微鏡を使って毛根を傷つけないように切り分けるため、定着率が高くなる点が長所で、頭皮に小さなスリットを入れて採取した株を植え込むことから、スリット法と呼ぶこともあります。スリットを入れずに特殊な移植針に株をセットし、頭皮に直接植え込む方法をニードル法と呼び、韓国や日本でよく行なわれている方法で、医師の技術力にもよりますが仕上がりが自然になるのが特徴です。丸い穴を開けて株をくり抜く方法の代表はFUE法で、植え込む時にも頭皮に丸い穴を開けるのが一般的ですが、昔はパンチグラフト法といって直径5mmほどの穴を開けていたため傷跡が目立つという欠点があり、現在では欠点が改善されて直径1~2mmの小さな単位で株を採取することから、ミニグラフト法とかマイクログラフト法とか呼ぶこともあります。FUE法のバージョンアップとも呼べるのがロボット植毛で、自動的に短時間で株の採取ができるため入院が必要なく、体への負担も軽いい上に、人の手が毛根に触れないので傷むことが少ないというメリットがありますが、植毛で難しいのはドナー採取よりも植え込みのほうで、これは自動化しても仕上がりがキレイにならないことが多く、現在ではドナー採取のみをロボット化しているクリニックが主流です。

 

 

自毛植毛の費用(値段)の相場は、日本では1本あたり500~1000円程度、頭全体では軽度の薄毛治療なら60~80万円、一般的な薄毛治療には120~150万円ほどかかるのが普通で、株を細かく分けて傷つけないように注意するほど、定着率は高くなる反面、費用も高額になりがちです。安全性で比較すると、人工植毛に比べればどの方法も比較的安心できると言えますが、症例数の少ないクリニックでは慣れていないためにミスをする可能性も皆無ではないので、実績と経験の豊富な医療機関を受診することをお勧めします。

 

とにかく、植毛やAGA治療もやはり値段や料金体系で差がでるので、AGA値段はしっかりチェックしましょう。その上で、治療内容のメリット・デメリットを把握してクリニックを選ぶのがベストな選択といえるでしょう。

AGA治療の選択肢であるFUT植毛のメリット・デメリット

人間の髪は一本ずつ均等な間隔で生えているわけではなく2本から3本の束が2ミリ程度の間隔でランダムに生えていますが、生えている本数によって1本毛や2本毛と言い、それらの束を毛根から生えている状態で植毛するのがFUT植毛です。FUT植毛はヨーロッパやアジア、アメリカなどの世界各国の多くの医師が採用している方法で、グローバルスタンダードな植毛方法としてその地位が確立されていて、特に海外ではAGAの症状に左右されずに後頭部や生え際などの拒否反応もなく、確実に結果が得られる方法として人気を集めています。

 

 

この方法は毛包単位植毛の方法からFollicular Unit Transplantationと呼び、毛根の単位で植毛する最新の技術で、実体顕微鏡を使って作業を行うので人工的に生えているとは思えない仕上がりになります。自然な仕上がりや高い技術での植毛のため、AGA治療の選択肢としても注目を集めています。生着率がとても高く世界中で普及している植毛方法で、日本国内でもクリニックなど採用されており、アメリカでも利用者が多い一般的な植毛方法です。

 

 

FUT植毛のメリット・デメリットには様々なものがあり、メリットは皮脂腺から分泌される脱毛ホルモンの影響で毛が発生しにくい箇所や気になる部分だけにも植毛することができ、薄毛が進行している生え際や側頭部にも自由自在に髪の毛を増やすことが出来ます。切り取った髪の毛を植えるのではなく毛穴の単位で植えることで自然な仕上がりになり植毛を行ったことが分からない仕上がりになるだけでなく、毛穴ごとに株分けを行うことをグラフトと呼び、細分化して植毛を行うことも可能なので髪の毛の濃さを自由に選択することができます。高密度植毛から少量の植え付けをすることが出来るのでデザイン性が高いのも特徴的で希望したデザインを作ることもでき、定着率も高いので長持ちすることと何よりも毎日のケアを軽減することが出来ることも大きなメリットです。

 

 

定着させるために頭髪だけでなく皮脂腺も含めて採取することで確実に植毛することで細部まで配慮しながら手術を慎重に進めることも可能になり、計算しながら移植することで半永久的に髪の毛を生やしておくことが出来るのです。デメリットは高価な設備が必要になるので限られたクリニックでしか行うことが出来ず長期間の治療が必要になり時間や手間は掛かりますが、その分国内では珍しい高い技術の治療を受けることができ、育毛剤や薬剤を使った治療を受ける手間や費用を抑えることが出来るのです。

 

 

植毛に使う株分けされた毛穴はサイズによって分類されグラフトごとに植え付けを行い、毛の量によって分類して植え付けることによって自然な濃さを作り出すことが出来るだけでなく、薄いところは2本毛や3本毛を植えて髪の毛がある程度ある場所は1本毛を植えて全体の密度を見てデザインすることが出来るので、理想の髪型を再現することも可能なのです。

 

 

またFUT植毛は世界標準の手術で、利用者の皮膚をメスで切り取ってそこから髪の毛を採取して植え付けをするのでそのために細かな縫合などが必要になりますが傷跡も残らずにきれいに仕上げることも可能で、出来るだけメスを使わずに植毛を行いたい場合もほかの技術と組み合わせて治療することも出来たり、メスを使わずに毛穴を切り取ることも出来る技術があるので自分の希望に合わせて施術を受けることも出来ます。手術を受ける前には無料のカウンセリングを受けることが出来るクリニックも多く、きちんと自分の希望を伝えてから手術を受けることが出来るので後悔のない植毛をすることが出来るようになっています。

治療薬以外のAGA治療の選択肢であるメスを使わないFUE植毛のメリット・デメリットを知る

市販の育毛剤は、医薬品や医療の知識を持たない素人が使っても、副作用の心配がないように成分を薄めていたり、強い成分を避けて配合されていますので、安全に使えるものの、薄毛治療には十分な効果を発揮してくれない可能性があり、AGAのような回復が難しい治療は専門の医療機関に頼るのが、一番の解決策となります。

 

 

AGA治療の選択肢にはいくつかの種類があり、メリット・デメリットがありますが、現在のところ最も普及している治療法であるのが、内服薬や外用薬に頼ったAGA治療であり、メリットとしては自宅で治療を行えることと、大掛かりな手術をしませんので、1回あたりの費用が安価に済むというのがあります。比較的安全で手軽な治療法ですが、デメリットとしては、確実性にやや欠ける、即効性のある治療薬ではありませんので、長い治療期間を要するという部分が指摘されています。治療薬に頼らないAGA治療の選択肢として、自毛植毛というものが存在し、自分自身の元気な毛髪をドナー株として採取して、薄毛の目立つ部分に移植し、強くて太い毛を育てるという施術方法があり、治療薬よりも確実性が高いことから、注目されていますが、自毛植毛の中でもメスを使わないFUE植毛が大変魅力的です。

 
FUE植毛はくり抜きグラフト採取とも呼ばれており、1960年代に自毛植毛として広く行われていた、パンチ・グラフト植毛を変化させた施術方法になりますが、パンチ・グラフト植毛と違うのは傷跡が目立たない、生え際が自然に仕上がる、密度が高くなる、毛髪の流れに不自然さが少ないなどの、パンチ・グラフト植毛の欠点をうまく改善させています。メスを使わず、後頭部や側頭部からドナー株を採取する時の縫合の傷痕が残らないため、髪型が限定されてしまう苦痛を伴いにくいというメリットを持ち、ダウンタイムの観点から見ても、患者の負担が抑えられています。

 
メリット・デメリットのメリットの部分だけが目立つようですが、デメリットも存在し、それはメスを使わない施術だとしても、ドナー株を採取する時に頭皮を小さく、くり抜きますので、従来のパンチ・グラフト植毛ほどではないものの、白い傷跡が残ることになり、坊主刈りのような極端に短い髪型にすると、傷跡が目立つことや、特に東洋人は白人系の西洋人と比べると毛根が長いという特徴を持つことから、余計に傷跡が目立ちやすいというデメリットがあります。

 
しかし、高い技術を持った医療機関に頼れば、医療技術の進歩によってこの問題点が改善されていますから、医療機関の選び方がFUE植毛の際に、非常に重要になることを覚えておきたいところで、そもそもFUE植毛自体が一部の医療機関でしか受けられない施術ですから、ある程度の高額な治療費がかかることを覚悟しておいた方がよいでしょう。FUE植毛の治療費は自由診療に該当しますので、利用する医療機関によって違いがありますが、手術費が20万円前後、ドナー株1株で1000円前後に消費税が加わるといったシステムを採用している医療機関が存在し、100株を植毛すれば32万円ほど、600株で92万円など、ドナー株が多くなるほど治療費が高くなるのが特徴となります。

 

 

大変高度な技術で発毛効果が実感しやすい治療法ですが、治療を受ける医療機関の技術に、その結果が大きく左右されますので、治療費の安さだけに注目するのではなく、料金が高くても、評判の確かな医療機関できちんとした施術を受けるのが望ましいといえます。
治療費が高く、一括払いが難しい場合には、医療ローンといった分割払いが利用できる医療機関を頼ると、月々の支払いで施術を受けられるようになります。

AGA治療の選択肢、メスを使わないSAFE SYSTEM法植毛のメリット・デメリット

自毛植毛はAGA治療の選択肢の中でも、日本皮膚科学会の診療ガイドラインで「勧められる」に分類された有力な治療法ですが、その理由はドナードミナントといって、後頭部や側頭部の毛髪は男性ホルモンの影響を受けにくく、その性質は前頭部や頭頂部に移植されても変わらないため、一生にわたって生え続ける確率が高いことによります。ただし自毛植毛は、例外的に頭髪以外の毛を植毛する場合もありますが、基本的には自分の頭髪をドナーにするため、植毛できる本数に限りがあるというデメリットがあり、この点を克服するためのクローン技術なども研究されてはいるものの、いまだ開発途上というのが現状のようで、必ずしも万能ではない点に注意をする必要があります。さて自毛植毛は手術を伴うため、専門の技術を持った医療施設で施術を受ける必要があり、患者への肉体的・経済的負担も軽いものではありませんが、これを少しでも軽減し、傷跡が残らず自然な仕上がりになるよう、これまでにさまざまな手法が開発され、流行したり廃れたりしてきた経緯があり、その中でも最新技術のひとつがSAFE SYSTEM法植毛です。

 

 

現在日本で行なわれている自毛植毛の手術法は、大きく分けるとストリップ法やFUE法が主流となりますが、これはドナーを採取するとき及び植えこむときに使用する手法による分類であり、傷跡の大小、仕上がりの自然さ、手術にかかる費用や苦痛などについて、それぞれにメリット・デメリットがあります。人間の頭髪は1本ずつ生えているわけではなく、数本ずつの毛包単位でまとまっていますが、これをある程度まとめて移植する方法をストリップ法といい、通常は自動植毛機を使って手術することが多く、顕微鏡下で毛包単位に株分けして植えこむ方法は特にFUT法と呼ばれています。ストリップ法は世界で広く行われている植毛方法で、まとめて移植するため手術が比較的早く終わり、負担が少ないというメリットがある反面、毛根にダメージが及びやすく定着率が低めになるという欠点も指摘されていますが、この欠点はFUT法を採用することで改善でき、仕上がりも自然にすることが可能です。

 

 

一方FUE法は2002年に開発されたメスを使わない植毛法で、ドナーを採取するとき帯状に皮膚を切り取るのではなく、直径1mmほどの機械でくり抜くように毛根を取って、移植する部分に穴を開け植えていくため、縫合の傷跡は残らないものの、ドナーを取った場所に丸い穴のような傷跡が残り、坊主頭にするとかなり目立ってしまいます。また手術のときはドナー部分の髪を刈り上げる必要があること、ひとつひとつの毛包をくり抜いていくため、時間もかかり疲れるだけでなく費用的な負担も大きいこと、さらに摘出するときドナー毛根の切断率が高いため、定着率が低くなること等のデメリットがあります。

 

 

FUEの改良法として、アメリカのJ.Harris医師が開発した方法がSAFE SYSTEM法植毛で、これはSurgically Advanced Follicular Extractionの略ですが、具体的には細い器具と太い器具を使い分け、毛根を傷つける危険を減らすことにより定着率を上げるのが目的で、従来のFUE法では20~50%だった毛根切断率を、5~8%にまで下げたとされています。

 

 

SAFE SYSTEM法植毛は仕上がりが美しく定着率の高いことが最大のメリットですが、一般的なFUE法と同様に時間がかかるというデメリットは受け継いでおり、広範囲の植毛には向いていないため、広い範囲の植毛はストリップ法で行ない、生え際などの狭い範囲はSAFE SYSTEM法で行なうなど、組み合わせて用いられる場合もあります。”

AGA治療の選択肢:ニードル植毛のメリット・デメリットとは

AGA治療の選択肢として有力なもののひとつが自毛植毛ですが、一口に自毛植毛と言っても手術の方法によって非常に多くの種類に分けられ、たとえばドナーを採取する方法としてはパンチグラフト法・ミニグラフト法・マイクログラフト法などがありますし、移植株を植え付ける方法としてはFUT法・FUE法・スリット式などがあります。そのうちの一種でChoi式と呼ばれることもあるニードル植毛は、1992年に韓国国立慶北大学のキム教授が発表した移植法であり、植毛針という特殊な針を使用するのが特徴で、もともとは眉毛や睫毛やヒゲなどの移植のために開発された方法ですが、その後頭髪にも応用されるようになったという経緯があります。通常の毛包はひとつにつき3個ほどの毛根を含んでおり、毛包ごとあるいは複数の毛包をまとめて皮膚ごと移植する手術も多いのですが、ニードル植毛では毛根をひとつずつ分けて植毛していくのが最大の特徴で、株分けの単位としては自毛植毛のうちでも最も小さくなり、ひとつの毛包から生えている毛の本数が少ない東洋人には向いているとされています。

 

 

この方法のメリット・デメリットを挙げていくと、まず第一のメリットとして考えられるのは、手術の肉体への負担が小さいことで、これは一般的な手術がメスで植毛部分を切開し、そこへ移植株を植え付けていくのに対し、ニードル植毛は植毛針を使って、穴を開けると同時に植え付けができるため、出血や痛みが少なく縫い合わせた跡も残らないという特徴があります。第二のメリットとしては仕上がりが自然で美しいことですが、これは一本一本を手で植えていくため、毛の角度や高さや方向を自由に微調整できることが理由で、複数の毛根をまとめて移植する他の移植法では、ありえない方向に毛が生えていても調節できないため、このような美しい仕上がりは望めません。さらにショックロスと言って、移植した部分にまだ自毛が残っている場合、植毛手術のショックから抜けてしまうことがあるのですが、植毛針のサイズが小さく手術の負担も少ないニードル植毛なら、頭皮に与えるショックも小さいため、生きている毛が抜けにくいという特徴があり、これが第三のメリットと言えます。

 

 

逆にデメリットとしては、まず時間がかかり費用が高いことを挙げなければなりませんが、これは一本一本を株分けして植毛針にセットし、方向を考えながら手で植えていくわけですから、やむを得ないことと考えざるを得ず、あまり広い範囲に植毛すると予想より遥かに高額になってしまう可能性があります。第二のデメリットとしては、技術力にもよりますが定着率が若干低いことと、まとめて移植する場合に比べれば密度も低くなってしまうことで、これも小さな単位で移植する以上は仕方のないことですが、特に本来の髪の毛が細かったりすると、場合によってはまばらな感じになることがあり、ボリュームが欲しい人は不満を持つことがあります。

 

 

多くの口コミなども参照すると、やはりニードル植毛は傷跡が残りにくく気にならないという意見が多く、また生え際を見せるような髪型をする場合には自然で美しいという意見がある一方で、費用の高さを指摘する声もあり、またボリュームの無さや定着率の低さを問題にしている場合も多いようです。これらのメリット・デメリットを総合すると、ニードル植毛は広い範囲にたっぷりと植毛するには欠点が多く、もともと髪が細い人には向いていませんし、費用の点でもあまり勧められませんが、逆に生え際などの狭い範囲に限って、自然で美しい仕上がりを求めるならば好適な植毛法と言えるので、部分に応じて使い分けるのが正解といえるでしょう。”

AGA治療の選択肢としては古い、パンチ・グラフト植毛のメリット・デメリット

薄毛や若ハゲの対策としては昔からカツラや育毛剤が使われてきましたが、皮膚の移植による植毛というアイデアも19世紀には既に存在しており、1939年には日本の奥田医師が、頭の火傷の跡に皮膚を移植して定着させるという世界初の植毛手術を成功させ、他人の毛髪ではダメだが自分の毛髪なら移植可能であることを証明しています。奥田医師は第二次大戦中に死亡したため、この研究成果は忘れられてしまいましたが、1950年代からは欧米諸国で再び毛髪の移植に関する研究が盛んになり、1959年にアメリカのノーマン・オレントライヒ博士が完成させたパンチ・グラフト植毛は、その後1960年代から1990年代前半にかけて、植毛技術のスタンダードとして多くの人から支持されてきました。この方法のメリット・デメリットは、どのような点にあるのでしょうか。

 

 

パンチ・グラフト植毛はフルサイズグラフト植毛とも呼ばれており、直径3~4mmの円筒型のメスを用いるのが特徴で、この器具を使って後頭部の皮膚をくり抜きドナーとしますが、ひとつのドナーにつき10本以上の髪が生えていて、それらを全部まとめて移植するため、時間がかからないのがメリットのひとつです。毛髪に限らず、臓器の移植手術ではドナーの生命力がカギとなり、新鮮な臓器ほど手術の成功率が高くなるわけですが、短時間で移植できるということは毛根の新鮮さを保ったまま植え付けられるということですから、この方法を採用すれば高い定着率を期待できます。また毛包を株分けしないで移植するため、毛根に余計な傷をつけることがなく、これも定着率の高さの要因となっていましたが、ひとつには当時の技術力が未熟で、株分けしていると時間がかかりすぎて不可能であったという事情もあり、他方移植単位をもっと大きくすると、ドナーの一部が壊死する可能性があって、大きすぎず小さすぎない単位が直径3~4mmであったということになります。

 

 

この大きさのドナーを薄くなった部分に植えていくわけですが、間隔を詰めすぎると栄養が不足するため、ある程度の間を空けて植える必要があり、密度が低いという欠点があるだけでなく、移植部分には十数本の毛がまとまって生えているので、仕上がりとしては人形の髪の毛のように不自然な見た目になってしまいます。またドナーを採取した部分には大きな傷跡が残るというデメリットもあり、なかなか傷がふさがらないのと同時に、何度かに分けて手術をするため、植えた部分の不自然さを隠すのにも時間がかかり、手術を受けてから社会復帰を果たすまでには、半年ほどもかかる場合もあって、精神的な負担も相当なものでした。

 

 

パンチ・グラフト植毛のメリット・デメリットをまとめると、メリットは手術が早く終わり定着率が高くなること、デメリットは見た目が不自然になることで、とりわけ生え際の不自然さは評判が悪く、現在ではパンチ・グラフト植毛がAGA治療の選択肢として用いられることはほとんどなくなっています。しかしパンチ・グラフト植毛のアイデアは、現在の植毛手術のスタンダードであるFUTやFUEとして受け継がれており、技術力が向上するとともに、毛根の株分けやドナー採取の方法も、直径1~2mm単位で移植するミニグラフト法や、直径1mm程度で移植するマイクログラフト法が開発されて、自然な外観と手術スピードのアップを両方とも実現できるようになっています。

 

 

これらの方法ならばドナー採取後の傷跡も小さく、ほとんど一度の手術で終わるため負担を減らせるだけでなく、必要な部分だけを選んで植えていくことができ、植毛したことが分からないほどの仕上がりにすることが可能です。”

AGA治療の選択肢のひとつ、自毛植毛機のメリット・デメリット

AGA治療の選択肢として学会でも推奨されている方法のひとつが自毛植毛であり、発毛剤や育毛剤が効力を発揮しない場合の最終的な手段としてしばしば用いられていますが、なんといっても植毛は手術が必要になりますから、費用もかかりますし体への負担も相当なものになり、二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

そもそも自毛植毛は、脱毛の原因となるジヒドロテストステロンに影響されにくい後頭部の頭髪を、薄くなった前頭部や頭頂部に移植するものであり、頭髪を頭皮ごと切り取るときにも皮膚を傷つけなければなりませんし、それを植え付けるときにも手術をしなければなりませんから、施術を受ける人の負担は2倍になると言ってよいでしょう。それでなくても毛根は傷つきやすく繊細な部分であり、乱暴に取り扱うと定着率が悪くなりますから、適当に頭皮を切り取れば良いわけではなく、医師だけでなく多くのスタッフが協力して、じっくりと時間をかけ綿密に計算しながら手術を行なう必要があり、熟練した技術がなければ満足の行く結果は得られません。

 

 

従来の自毛植毛手術は上に述べたような問題点があるため、施術を受けるクリニックの技量レベルに大きく影響されるという特徴があり、同じ時間と費用をかけても同じような結果が得られないだけでなく、場合によっては醜い傷痕が残るとか再び脱毛するとかいう危険もありましたが、こうしたトラブルを解決するべく開発されたのが自毛植毛機です。自毛植毛機として有名なものにフランスで開発されたオムニグラフトがありますが、これはコンピューター制御によりドナーを採取し、グラフト分けを行ない、植毛手術まで実行する機械で、人の手の介在を最小限に抑えることができるため、作業スピードが飛躍的に向上するだけでなく、ドナー毛根の損傷を防ぎ生命力の高い毛根を移植する効果もあります。コンピューター制御ですから医師やスタッフの技量にはかかわりなく、どこのクリニックでも同様の施術を受けられるため安心できますし、手術時間短縮は患者の体力の負担を軽減することにつながり、さらに通院回数や手術回数を減らせるため、精神的・経済的な負担を軽くすることも期待できるでしょう。

 

 

その一方で自毛植毛機の欠点としては、機械なので患者ひとりひとりの頭皮の状態や体質に合わせることができず、画一的な作業しかできないため、特に生え際などは不自然になる可能性が高いことや、グラフト分けの際にもいちいち確認しないで機械的に切り分けていくため、切断されて無駄になってしまう毛根が多くなる点が挙げられます。

 

 

自毛植毛機のメリット・デメリットをまとめてみると、まずメリットは何と言っても作業スピードが上がり、手術時間を短縮できることで、患者の負担を減らし手術を受けるハードルが低くなるとともに、医師のレベルに関係なく安定した手術を受けられることでしょう。逆にデメリットは、機械的な作業ですからオーダーメイドの治療を受けることは期待できず、たとえば頭頂部を濃くし生え際を薄くしたいなどという要求には応えられない可能性があり、心から満足の行く仕上がりにするのは難しいという意見もあります。

 

 

多くの工業製品に言えることですが、きわめて優れた職人技はコンピューター制御に優っている場合があり、自毛植毛機と手作業の手術の関係も同じかもしれません。非常に技量の高い医師とスタッフが、すべて手作業で自毛植毛を行なえば、かなりの時間と費用はかかりますが自然で美しい仕上がりになり、そうでもないクリニックで施術を受けるなら、自毛植毛機を使用したほうが安上がりなうえに安全で安心ということになるでしょう。”

AGA治療の選択肢としての人工毛植毛のメリット・デメリットを確認しよう

ボリュームがなくなってしまった毛髪を、手早く豊かに見せられる方法があれば、とても便利ですが、実際にそのように見せる方法は用意されており、代表的なものがかつらになりますが、かつらは安いものだと頭部へのフィット感がありませんので、自然に近い状態へと仕上げるには、オーダーメイドのかつらが適しているものの、かつらの違和感を完全に取り除くことは難しく、周囲にかつらであることを見ぬかれてしまう不安感を抱きながら生活を続けなければなりません。

 

 

そこで、まるで地毛が生えているかのようなかつらとして、人工毛植毛という方法が用意されており、頭皮にポリエステルやナイロンといった合成繊維を埋め込むことによって、毛髪のボリュームを蘇らせることができ、毛髪が生えてこない人にとっては、従来のかつらに変わる画期的な手段として、注目を集めています。人工毛植毛のメリット・デメリットに関して、まずメリットについてですが、かつらのように被せただけではないため、プールや海水浴、風呂などの水に濡れる場面であっても、外れることがなく、人工毛がしっかりと頭部に固定されているため、素人が見ただけでは普通の毛髪と見分けがつきにくく、また、普通にシャンプーもできるという性質を持っています。たくさんの長い毛髪を埋め込んでいく手法ですので、すぐに長くて豊かな毛髪を頭部につけることができ、素早く薄毛を解消できるとして、AGA治療の選択肢として、考えられる方法ともいえます。

 
デメリットについては、人工的に無理やり異物を埋め込む方法ですので、必ず抜けてしまうことになり、その量は1年で半分ほどだとされていますが、なぜ抜けるのかについては、身体の免疫システムが関係しており、免疫システムを司るリンパ球などの細胞の働きによって、人工毛を異物と判断して、体外へ排出しようとするからです。

 
人工毛が抜けた部分に、再び人工毛が生えてくることなど当然ありませんので、豊かな毛髪の状態をキープしたいのであれば、年に1回から2回程度は、メンテナンスとして再び人工毛植毛の施術を受けなければならず、とても費用が高くなる傾向があるばかりか、人工毛植毛のデメリットとして、埋め込んだ部分に隙間ができることで、細菌の感染の原因になってしまうのが怖い部分です。感染した細菌によっては、頭皮に炎症を起こしたり、化膿するなどのトラブルを引き起こし、他の健康な毛を傷める結果に陥る恐れがあるため、余計に薄毛の症状が進行してしまう可能性が捨てきれず、アメリカでは人工毛植毛が法律で禁止されている他、国内でもAGA治療の選択肢に関するガイドラインで、最低の評価がつくほど、すすめられていない方法として指定されています。

 

 

人工毛植毛を行えば、手っ取り早く豊かな毛髪を再現できるため、おしゃれを気にする人には魅力的な方法であるものの、デメリットの内容があまりにも深刻であることから、安易にこの方法を利用するのは避けるべきといえます。似たような方法として、自毛植毛というものがありますが、自分自身の後頭部や側頭部の毛から採取したドナーを、薄毛が気になる部分に移植し、毛髪を生やして髪を豊かにするというものです。自分自身の毛髪を使うため、身体が異物だと判断せず、そのまま定着するのがメリットで、また、後頭部や側頭部の毛は薄くなりにくいという特徴を持っていることから、移植した部分が再び薄毛になるリスクが少なくなります。

 
この方法はAGA治療の選択肢として医療の現場でも行われていますが、メスや特殊な器具を使いますので、大掛かりな手術になることが珍しくなく、たいへん高額な費用がかかりますが、人工毛を埋め込むより、遥かに安全かつ確実です。