AGA治療の選択肢であるFUT植毛のメリット・デメリット

人間の髪は一本ずつ均等な間隔で生えているわけではなく2本から3本の束が2ミリ程度の間隔でランダムに生えていますが、生えている本数によって1本毛や2本毛と言い、それらの束を毛根から生えている状態で植毛するのがFUT植毛です。FUT植毛はヨーロッパやアジア、アメリカなどの世界各国の多くの医師が採用している方法で、グローバルスタンダードな植毛方法としてその地位が確立されていて、特に海外ではAGAの症状に左右されずに後頭部や生え際などの拒否反応もなく、確実に結果が得られる方法として人気を集めています。

 

 

この方法は毛包単位植毛の方法からFollicular Unit Transplantationと呼び、毛根の単位で植毛する最新の技術で、実体顕微鏡を使って作業を行うので人工的に生えているとは思えない仕上がりになります。自然な仕上がりや高い技術での植毛のため、AGA治療の選択肢としても注目を集めています。生着率がとても高く世界中で普及している植毛方法で、日本国内でもクリニックなど採用されており、アメリカでも利用者が多い一般的な植毛方法です。

 

 

FUT植毛のメリット・デメリットには様々なものがあり、メリットは皮脂腺から分泌される脱毛ホルモンの影響で毛が発生しにくい箇所や気になる部分だけにも植毛することができ、薄毛が進行している生え際や側頭部にも自由自在に髪の毛を増やすことが出来ます。切り取った髪の毛を植えるのではなく毛穴の単位で植えることで自然な仕上がりになり植毛を行ったことが分からない仕上がりになるだけでなく、毛穴ごとに株分けを行うことをグラフトと呼び、細分化して植毛を行うことも可能なので髪の毛の濃さを自由に選択することができます。高密度植毛から少量の植え付けをすることが出来るのでデザイン性が高いのも特徴的で希望したデザインを作ることもでき、定着率も高いので長持ちすることと何よりも毎日のケアを軽減することが出来ることも大きなメリットです。

 

 

定着させるために頭髪だけでなく皮脂腺も含めて採取することで確実に植毛することで細部まで配慮しながら手術を慎重に進めることも可能になり、計算しながら移植することで半永久的に髪の毛を生やしておくことが出来るのです。デメリットは高価な設備が必要になるので限られたクリニックでしか行うことが出来ず長期間の治療が必要になり時間や手間は掛かりますが、その分国内では珍しい高い技術の治療を受けることができ、育毛剤や薬剤を使った治療を受ける手間や費用を抑えることが出来るのです。

 

 

植毛に使う株分けされた毛穴はサイズによって分類されグラフトごとに植え付けを行い、毛の量によって分類して植え付けることによって自然な濃さを作り出すことが出来るだけでなく、薄いところは2本毛や3本毛を植えて髪の毛がある程度ある場所は1本毛を植えて全体の密度を見てデザインすることが出来るので、理想の髪型を再現することも可能なのです。

 

 

またFUT植毛は世界標準の手術で、利用者の皮膚をメスで切り取ってそこから髪の毛を採取して植え付けをするのでそのために細かな縫合などが必要になりますが傷跡も残らずにきれいに仕上げることも可能で、出来るだけメスを使わずに植毛を行いたい場合もほかの技術と組み合わせて治療することも出来たり、メスを使わずに毛穴を切り取ることも出来る技術があるので自分の希望に合わせて施術を受けることも出来ます。手術を受ける前には無料のカウンセリングを受けることが出来るクリニックも多く、きちんと自分の希望を伝えてから手術を受けることが出来るので後悔のない植毛をすることが出来るようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です